葬儀に相応しい礼服とは

葬儀の服装は誰しも悩むものです。

まず通夜ですが、これに完璧な礼服で訪れると、まるで当事者の死をあらかじめ予期していたような印象を与え、大変失礼なものです。



通夜には、どこか一点、ストッキングなどに黒でないものを用い、あくまで急に駆けつけたため準備が整わないのだという印象を与えましょう。

告別式の際は喪服を着ますが、子どもの場合は学校の制服、制服がない学校に通っている場合は黒やグレーを基調としたおとなしめの服装が礼服となります。



あまりにも幼い子どもの場合は、赤以外の服ならそうそう目くじらも立てられません。



また葬儀が仏式がキリスト教式かにより、和服やベールを着用してよいのかが違います。こうした葬儀のためにも、制服を着られない大人になったら礼服を一式そろえておくことが求められるでしょう。



また、夏場の喪服は非常に暑く苦しいことですから、なるべく布の厚さが異なる夏用、冬用の喪服をそろえておくことが望ましいです。